taku's 野鳥フィールドノート

本日もご覧頂きありがとうございます  写真をクリックすると大きなサイズになります

バチ~ン

な なにが起こったんだ。 目の前5m程先にある木の付近で大きな音がする。
3m程下の水面になにか大きな塊が落ちた。
オオタカがハトを押さえ込んでいる。 木の枝がじゃまだ、あわてて2~3歩後ずさり。
3枚撮ったところですぐに我々に気付いて飛び上がり、その木にとまりかけたがそのまま飛び去ってしまった。
飛び去る姿を5枚ほどフレームに入れたのだが、すべてピントがあわずTheEnd。
レンズの最短近距離を5mにしていたためです。残念だがしかたがない。
野鳥撮影で5m以内で撮影することなどほとんどないに等しいことなので・・・・
なぜリミットをかけるのかって、それはオートフォーカスのスピードを少しでも早くするためなのであります。

襲われたハトはどうやらケガもなく無事だったようだが、しばらく放心状態、水面でボーッとしている。
すかさずカラスが2羽襲いかかる。 野生の生存競争は厳しいのであります。
その場ではハトはうまくカラスをかわして逃げたのですがはたして結末は・・・・


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
  1. 2020/01/22(水) 00:00:00|
  2. オオタカ
  3. | コメント:2

たまに出てくる

カラスにもびんぐされて
チョウゲンボウが舞っている、と思って撮っていた。
帰宅してよく見るとオオタカだったというお粗末。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ <続きを見る>
  1. 2018/01/22(月) 00:00:00|
  2. オオタカ
  3. | コメント:0

遅かりしと思いきや

もう帰ろう、無線のレリーズを取り外し三脚の足をたたむ。
順番が大事だった。
ふと見上げるとオオタカか??、ベンチに置いていたカメラを取り上げて構える。
葉っぱかぶりになってしまった。 ああ残念、一年ぶりだったのに。

あきらめきれずにしばらく待っていると帰ってきた。 ぐるりと目前を回ってそのあと消える。
さあ、撮ってみんしゃいとばかりに、ベストポジションに来てくれたのであります。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ <続きを見る>
  1. 2017/11/28(火) 00:00:00|
  2. オオタカ
  3. | コメント:0

犠牲者はアオサギか

こんな頻度で出会うのは初めてのことでありますと、昨日のブログに書いたのですが
またまた遭遇したのであります。

ディーラーで車の点検をしてもらおうと入庫、待ち時間が1時間半あったので川の様子を見に行くことにする。
川岸でなにやらごそごそ、トラツグミかなと思って双眼鏡を覗いてみると、なんとオオタカが食事中。

草が被ったり枝が邪魔だった。あちこち場所を変えながら撮っては見たもののかんばしくはなかった。
真上に行っても逃げることは無く、食事に夢中。こちとらも撮影に夢中、あっという間の1時間半。
名残惜しくも退散してきました。

本日の写真はグロく感じられる方もおられるかなと思い、写真をクリックしても大きなサイズにならなく
しておりますのであしからず。

ootaka10_20161207160549794.jpg
NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きを見る>
  1. 2016/12/08(木) 06:00:00|
  2. オオタカ
  3. | コメント:0

オオタカも舞う

また、チョウゲンボウが飛んできた。それエ~ 狙いをつけてパシャパシャバシャ。
おんやまぁ  撮れた写真をよく見てみると、なんとなんとオオタカだった。

そう言えば、2週間ほど前に同じ場所で目の前のブッシュにオオタカが突っ込んだのを
目撃している。 スズメを狙ったようですがこの時は失敗した。
以前からオオタカが居るのは分かっていたのですが
こんな頻度で出会うのは初めてのことであります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ <続きを見る>
  1. 2016/12/07(水) 06:00:00|
  2. オオタカ
  3. | コメント:0
次のページ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Author:taku
2008.11.04にカワセミを初めて見ました。きれいなブルーに魅せられ、以来近場の川、池でカワセミなどの野鳥撮影を楽しんでいます。関西在住。 
ブログ開設 2009.11.04

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

リンク