taku's 野鳥フィールドノート

本日もご覧頂きありがとうございます  写真をクリックすると大きなサイズになります

巣作り真っ最中

ひとっこひとりいません。またもやいやな予感。1時間ほど待ってみたが遠くで
ホイホイホイ。すこしの場所移動。なにやら2羽いる。なにかはわからない。
見つけたーー。巣だ。あちこち動いて絶好の近い場所があった。これは近すぎる。

営巣放棄をされてはいけないので、離れた場所にバックして待機する。
♀だけだったが、たっぷり撮らせてもらった。適度な時間で退散したのであります。
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

つかの間の青空か

雨もあがり、吹いていた強風も収まりつつある。久々の青空のひろがりです。
川の様子も気になりますが、おそらく増水でカワセミをみることはむつかしいだろう。
もう一日ゆっくりとすることにしよう。 「2011.5.24撮影」のセッカです。
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

赤と黒

Red MouthにBlack Mouth 並べてみるとおもしろい。 セッカの黒はお歯黒みたい。
台風が来るようです。ご用心!

sekka15_20110528192650.jpg

♪利根の川風

「利根の川風よしきりの声が冷たく身をせめる」お客様は神様です。オオヨシキリからは
いつも昭和の大歌手三波春夫さんを思い浮かべてしまいます。一発で漢字変換できない。
昭和は遠くなりにけりでしょうか。「大利根無情」。

「利根の川風袂に入れて 月に棹さす高瀬舟」玉川勝太郎師の浪曲「天保水滸伝」の
一説です。私の世代では「利根の川風袂に入れてーーー」玉川良一さんがなつかしい。

あした5/28は用事で終日外出しますので前日に予約投稿です。
写真は浜で2011.5.24に撮影したものです。
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

ooyosikiri17.jpg

続きを読む

はるかかなた

海原ではありません。やすよともこでもありません。山の端をとぶ白い鳥。
これはこれで撮るのはやっかいでした。うまく山の緑の中にはいってくれたのです。

天候不順でお休みにしました。5/24在庫より

よりそうふたり

このシーンを撮りたかったのです。昨年は行き遅れて、このシーンは済んでました。
天気予報が雨から曇りに変わっている。今シーズンでは最後のチャンスかなと思い
出かけることにした、ズックを履いて青葉の場所に。

バーダーさんがひとり。カメラマンは一人もいない。バーダーさんにアオバズクは
いますかと訊ねるとあそこにいるよと教えていただいた。残念ながら1羽です。

昼前になると、ひとっこひとりもいなくなった。携帯イスに腰掛けてパンをほおばる。
とその時♂の横に♀が飛んできた。飛んできた瞬間を偶然撮ったがシャッタースピード
遅すぎで飛び姿はぶれぶれだった。残念。 2時前までひとりじめ。
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

あきまへんがな

5時間待ってワンチャンスです。あー来まへんがな。この時期こうだとは、わかっている
のに出勤してしまう悲しい性なのであります。(笑) 梅雨の前触れか雨予報が続いている
というのに、ストックをふやすことが出来まへんがな。
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね 

続きを読む

子育て カワラヒワ

浜の様子を見に行ってきました。雨上がりだったので長靴にはきかえて正解でした。
あちこちに水たまり。撮影しているうしろを大型ダンプがひっきりなしに通る。

開発が急ピッチになっている。今の環境は長くないように思われます。
鳥さんは子育て真っ最中。ことしは親子によく遭遇する。

午後からの川はどうでしょうか。1時前、目の前の枝にとまったカワセミ。葉っぱの
影で姿がよく見えません。そこから飛び込んで上流へ飛び、そのままでありました。
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

カササギの宮

目の黒色と羽の藍色?がなかなか出にくい鳥です。曇りの日や日陰ではむつかしい。
佐賀県の天然記念物だそうですが、ここではあまり人気がないのでしょうか。
カメラマンは私一人。帰り間際に3人来られただけでした。

雨模様の月曜日です。鳥撮りは今日も休みなので、ニコンのサービスセンターへ
カメラの点検とレンズの清掃に行ってこよう。 「2011.5.18撮影」
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

新緑の カワセミ

さきほどまでの強い雨脚が弱まりました。窓から見える水浸しのグランドでは
ラグビースクールの少年たちが、どろんこになりながら駆け回っている。
若いってすばらしい。

と書いているうちに雨があがってきました。こちとらも雨だと言って家に
引きこもらないで、さあ散歩にでも出かけるとするか。一昨日の新緑カワセミです。
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

ホイホイホイ

盛りだくさんだった行き先。成果らしきはこれ1枚きり。ホイホイホイとテンポ良く
アオバズク、アマサギと全部ふられたのであります。待ちくたびれに歩き疲れ。
なんだかもう眠い。

絶不調コースまっしぐらと言ったところでしょうか。幸い?あしたは雨予報なので
英気を養い、来週のリスタートにそなえよう。 おつかれさまーー Zzzzz

裏と表と

やっと撮らせていただきました。でもワンチャンスだけであります。
所用で少し遅めの出勤です。きょうは昼食も持ってきたし粘ってみるか。と思っていたら
そのとおりになった。さて、昼食にするかの時に、やっと止まってくれました。

連敗記録は4でストップ、よかったよかった一安心。少ない枚数ながらストックもできた。
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

トラブル

まさかこんなことが起こるのか。カワセミの出が悪く、上流を見に行く。急な下りで
肩の上に担いだ機材がガター。何が起こったのだ?。運台のプレートねじが緩んだのか

いつも担ぐ時はレンズのベルトを手に持つようにしている。おかげでたすかった。
カメラの落下をまぬがれたのです。三脚の台座のネジゆるみで台座がはずれたのです。
プレートネジは良く緩むのですが、ここは初めての経験だった。レンチはもちろん
持ってなかったので即終了となってしまいました。

それにしても川のカワセミ4連敗。これまた初めての経験です。どこぞの野球チームの
ように低迷しているのであります。


子育て真っただ中 カササギ

えさをねだる幼鳥、親が松の木に隠れてしまった。3羽いたので勝手にそれぞれ成鳥と
思っていた。2羽が並んで餌渡しをしたので、やっと親子だとわかった。

いるのかいないのか情報がなかったので、若干の不安があったが着くなり見つけた。
最初、カメラマンは一人もいなかったので、いることがわかっただけで待つ気になれた。
子育てシーンは予想もしてなかったので、うれしきかな。
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

飛びにケリ

ケリが飛ぶ。たんぼにいる時はなかなか飛ばない。飛ぶのを待っていると少々疲れる
のであります。それでも根気よく待っているとこんなシーンに巡り会えます。

本日所用にておやすみです。「2011.5.5撮影」
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね
続きを読む

子育て真っ最中  セグロセキレイ

カワセミが出てこずに蚊がでてきました。目の前にはコバエが飛んできてうっとうしい
事このうえない。蚊取り線香とうちわの出番が近づいてまいりました。

親子連れが二組。親の後を追ってちょこまかと動く様がかわいらしい。えさをくれと
鳴く声もたくましい。子が待っているところへ親がえさを持って行くこともあるし
親が鳴き声で子を呼んで子がやってくる。いろんなパターンがあって見飽きません。
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

天気晴朗なれど鳥影うすし

きょうも川です。日射し対策を行って、さあ待っていますよ。♪緑のそよかぜいい日だな。
延々と待ってみたのですが、背中のブルーを3回拝ませていただいただけ。

そう昨日につづき連続ボーズで、カワセミが撮れません。ひまつぶしに草刈りでした。
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

ざわわ ざわわ 

ゆれるニセアカシアの白い花と散る花びら。川風が強く吹く。一週間で風景が変わる。
シャッターを押させないカワセミ。8時前の瞬間Uターン。9:40の通過。
10:13、10:17の瞬間移動。昼過ぎまで粘ってみたものの・・・。

心地良い風花の舞を見ながらの数独三昧日。これはこれでよしとしましょう。
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

山手の鳥たち @ 昔美人山

バスを乗り継いでGo!。ハイキングコースを登るのです。けっこうな坂道エッコラサ。
ソウシチョウを探しにやって来ました1年ぶり。昨年撮った陽のあたる坂道。いない。

もう少し登ってみるか。遠くて高い梢で鳴くセンダイムシクイ。記念写真だバシャ。
今度はオオルリ♂2羽がバトル。すごいスピードで飛んでゆく。オオルリ♀は巣作りか。

結局ソウシチョウはワンチャンスの1回のみ。何枚か撮れたがなんとか見られるのは
これ1枚。逢う人もなく、静寂の中で鳴き声シャワーを満喫できたのであります。
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

水張り田んぼと アマサギと

走り梅雨というのだそうです。ようやく雨が上がった3日目にして。でも予報では
まだ一雨ふた雨あるそうです。今日もひきこもりでたいくつなことであります。

あしたは晴れのようなので出かけますか。川は増水でだめだろうし、さてどうしますか。
引き出しが少なくて困ったものであります。
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

うすくれないに  チュウサギ?

れんげの紅に鳥の白。いいシチュエーションに遭遇しました。最初はコサギかと思って
いたのですが、よく見るとくちばしの根本が黄色い。頭の冠羽もないのでコサギでは
なさそうです。かといってダイサギではないし。残るはチュウサギか。

図鑑によると、冬のチュウサギのくちばしは黄色です。夏のくちばしは黒色です。
季節は夏に向かっているので、黄色から黒に変わっていく途中だということにして
チュウサギかな?。わたしにとって、ほんとに鳥の判別はむつかしいのであります。

昨日今日と連チャンの雨降りです。どうやら三連チャンになりそうです。 とほほ。
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

親子  コブハクチョウ

雨の予報が続いていたので、撮りだめしてきました昨日。ジモティーによれば今年は
5月2日に生まれたのだそうです。昨年の7羽で残ったのは結局3羽だったようです。
今年は3羽しか生まれてないので、うまく成長するのか心配なところであります。

親の背中に乗るシーンを撮りたかったのですが、行くのが遅すぎたようです。でもでも
たまたま、アオサギ飛来のシーンが撮れたので良しとしましょう。
雨も小降りになってきたので、散歩にでもでかけようか。
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

亜麻色の髪の  アマサギ

今年も会えるかなと田んぼを見て回る。水が入っているのは3枚ぐらい。いない。
少し早かったかなと思いながら、のろのろきょろきょろ運転で探す。道が細いので
あぶなっかしいことこのうえない。おお、レンゲの赤に白い色が。チャーンス。

アマサギの移動先は水を張ったばかりの水田です。こちらの背景はよろしくない。
えさとりに夢中であまり飛ばない7羽。数少ない飛びものは、全滅だったのであります。
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

ご休憩

例年のごとく巣ごもり中のようであります。でもゴールデンタイムには出てきました。
8:20、もう一回は10:25から10:47の長逗留。のびのび、かいーの、
羽づくろいと、いろんなポーズで20分間のご休憩です。 

一度も飛び込まずに「はいそれまでよー」 私もまけずに「はいこれまでよー」
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

ヒッ ヒッ ヒッ  セッカ

下品な笑いではありません。鳴き声高くあたりを飛び回るのですが枯れ枝にはとまらず
草の中へ着地することが多い。一瞬枝に止まってもすぐに草地へ降りるので撮るのは
むつかしい。飛んでる時からあたりをつけているのだが、思ったようにはいきません。

こちらから近づいてもすぐに逃げるのでなかなかの難物なのであります。
思うにまかせずの昨日の浜セッカ。本日鳥撮りお休みです。
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

オレンジルージュ オオヨシキリ

昨日とうって変わり少し動くと汗がにじむ近場の浜。開発の槌音高くブルトーザー5台。
きのうの疲れが残っていたので、軟弱にも超近場短時間鳥撮りになってしまった。

大口開きを撮ろうとついつい連写を多用して、あっという間の400枚。消去するのが
大変だ。セッカも遠いながらもぼちぼち出てくれました。
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

電車でGo! 一山越えて

菜の花が咲いている。鳥はいない。れんげ畑がひろがっている。でも鳥がいない。
川沿いの道をゆっくり歩いていると寒い。オール晴れの予報で薄着だった。大失敗。

川のムコウガワをケリが飛んでいる。橋がない。帰りにケリをつけよう。川べりの
フェンスにイソヒヨドリだ。あわてて機材のセット。道路におりたのを激写。
前から自転車が来てThe End。先が長いので機材はリュックへまいもどり。

きょうは地図をコピーしてきたので、道には迷わない。でもめぼしい鳥はいない。
大池の公園に着いたが鳥カメラマンにひとりも会わない。ひとまわりしてあきらめた。

もとの場所にもどってケリにケリをつけよう。遠くの畑で見つけたが、なかなか飛ばない。
カラスを追っかけてやっと飛んだ。気の強い鳥だ。カラスを追い払った。とまっていると
たいした鳥ではないが、とんでる姿はうつくしい。

鳥撮りと言うよりハイキングのようだった。重い機材をかつぎながら、24894歩
17.4Kmの中級ハイクとなったのであります。
         写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

Slow Life

若葉の緑がいっそう濃くなり、美しく景色が変わった4日ぶりのMF川。
静寂の中で、せせらぎの音が心地良く、川の流れとともに静かに時間が過ぎてゆく。

もとよりこの時期、カワセミの出が悪いのは「がってん承知の助」であります。
読書に数独、たまにまわりのチラ見をしながら、至福の時間が優雅に流れる。

「よー来たのー われ」ミス花子の世界。8:20、10:30 2回のお出まし
でありました。  写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

にぎやかに

電車でGo。川原散歩でのび太を探しに行く予定にしていた。天候も天気予報も悪い。
急遽とりやめ、近場の浜の様子を見に行く。ヒバリ、セッカ、オオヨシキリ、
コアジサシが賑やかに鳴き交わしうるさいぐらいだ。チュウシャクシギ、コチドリも
飛んでいる。

オオヨシキリのつもりで撮っていた。よくみるとどうもヒバリのようです。
オオヨシキリは枯れ穂の先によくとまったが、セッカはなかなかでてきません。

この地も大型ブルトーザーが入り整地が進んできました。この環境も長くはないのかも
知れません。   写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む

終了間際の シメ オオルリ

絶不調であります。近場の森林公園。入り口ですぐにオオルリ発見。機材のセット中に
行方不明。入り口から機材をかつぐはめになってしまった。相当歩いた1ヶ所目

何事もなし。引き返してきた2ヶ所目だれもいない。少し登り下りの3ヶ所目ここも
誰もいないしもちろん鳥もいない。またまた戻って1ヶ所目の奥へ。一人いた。

遠方からコマドリねらいで来たが何もいないとのこと。それぞれの場所でそれなりに
待っていたのでいい時間になってきた。ずっと機材を担ぎっぱなしで歩いた距離は

約10Km。入り口まで戻ってきてベンチで休憩。 ああしんど。
昼食を終えた頃に目の前をちらちら。ボーズだけはまぬがれた。
写真をクリックして大きめの画像でご覧下さい。続きも見てね

続きを読む
次のページ

FC2Ad