taku's 野鳥フィールドノート

本日もご覧頂きありがとうございます  写真をクリックすると大きなサイズになります

子育て真っ最中

珍しく地面に舞い降りて虫をとっていました。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
  1. 2019/06/30(日) 00:00:00|
  2. オオヨシキリ
  3. | コメント:0

八の字ひげ

ごりっぱな八の字ひげをお持ちとは、ついぞ気付きませなんだわ。
拡大して初めて知りました。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
  1. 2019/06/29(土) 00:00:00|
  2. オオヨシキリ
  3. | コメント:0

フンを顔に塗っているのか!!

最近はちょいと調べれば色々分かる便利な世の中になったものだ。
ウグイスのフン
その糞には豊富にリゾチームなどの加水分解酵素が含まれ、顔面に塗布する事で角質層が柔らかくなって、小皺が取れたり肌のキメが細かくなる・肌のくすみが取れて色白になる事から、古くから美顔洗顔料やにきび治療薬として人気がある。「うぐいすの粉」として市販されているものがそれで、この酵素には脱色作用もあるため、着物の染み抜きにも利用される(以前は毛はえ薬として用いられていたこともあった)。
なおウグイスは大量飼育が難しく、得られる糞も少量であることから、市販の「ウグイスの糞」と称する商品は、ほとんどがソウシチョウを飼育し得られた糞を原料に使用している。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
  1. 2019/06/28(金) 00:00:00|
  2. ソウシチョウ
  3. | コメント:0

草魂

一昔前「草魂」と称した野球選手がいた。 
この花は雑草ではないが目立たないので雑草と一緒に刈り取られることが多い。
昨年、鳥友さんに教えてもらって2度大阪まで撮りに行った。その後自宅前に生えていたのを
発見してあちゃ~。 お笑いだった。
今年は自宅前でじっくり撮るぞと思っていたら雑草と一緒に丸刈りだ、あちゃ~。
ところがどっこい、刈り取り残しか再成長したのかわからないがひと月ほどするとチラホラ咲いている。
「草魂」

携帯椅子に座ってミニ三脚に据えたレンズをライブビューで拡大しながらピントをひたすらあわす。
レリーズを構えて風でゆれるのを、とまるまで待っている。
はたからみるとなんだか怪しいおやじ感。
自宅前なのでマスクで顔を隠し帽子を目深にかぶる ってなんでやねん。
よけいに怪しいではないかいな。

この花なぜねじれているのだろう??

 花がみな一方向に向けば 茎が傾くので、
 花の方で工夫して わざとねじるように
 花をつけるようになった、 という珍説をみつけました。

ついでに古今集にも詠まれています。 
「みちのくの  しのぶもじずり 誰ゆえに  乱れむと思ふ  我ならなくに」  
もじずり=ネジバナ


NIKON D850 + TAMRON SP AF 90mmf/2.8Di MACRO
続きを読む
  1. 2019/06/27(木) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

シラカバ林で

広い園内をほぼ半周したのですが遭遇したのはとおくにとまるホオジロさんだけ。
双眼鏡で見ても分からないほど遠くで、大拡大してやっとこさ。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
  1. 2019/06/26(水) 00:00:00|
  2. ホオジロ
  3. | コメント:0

季節の花@神戸森林植物園

三宮ミント前のバス乗り場、長蛇の列が出来ています。
あじさいの見頃なので混雑は予想されたがこれほどまでとは。
臨時の増発便が出ているが混雑は解消されません。

今朝の新聞では6千人が350品種、5万株の花を見に来ていたとある。
珍しい品種の「シチダンカ」漢字では七段花、六甲山の特産種だそうです。
シーボルトの「日本植物誌」に採録されていたがS34年に六甲山系で
発見するまで実際に見かけられることがなかった幻の花だという。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/25(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ひわ色のアクセント


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/24(月) 00:00:00|
  2. カワラヒワ
  3. | コメント:0

成鳥

こちらは親鳥成鳥の貫禄でしょうかゆったりとポーズをとってくれました。
おかげで回り込みながらたくさん撮らせてくれました。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/23(日) 00:00:00|
  2. キビタキ
  3. | コメント:0

幼鳥

一瞬ので出合だったので撮れたのはこれ一枚きり。
ぶれた写真で残念です。 これ以降は藪の中から出てきません。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
  1. 2019/06/22(土) 00:00:00|
  2. キビタキ
  3. | コメント:0

なわばり主張なのか

どうやらソングポストのようです。なんども同じ場所にとまってさえずっております、海抜930m付近。
すぐにアオゲラを発見したが撮る間もなく飛び去る。ホトトギスの声も聞こえるが姿は見えない。
ウグイスのさえずりがひっきりなしに聞こえる。ソウシチョウも鳴いている。
キビタキ成鳥も幼鳥も居た。ただしお出ましはほんの少しだけ。
コサメビタキの子育てが見られないかと山上までやってきたがこちらはまったく居ませんでした。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/21(金) 00:00:00|
  2. ホオジロ
  3. | コメント:0

10日もすれば

今年も合歓の花の花付きがよくありません。もう樹齢が長いのでしょうか、年々花付きが悪くなっていく。
木のことはよくわからないのですが、もう一本ある木の花盛に比べると比較にならないほど悪い。
もう一本の木にとまらないのが残念です。
あと10日もすれば巣立ちでしょうか、今年は葦の真ん中当たりで営巣しているので巣の場所は
確認できません。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/20(木) 00:00:00|
  2. オオヨシキリ
  3. | コメント:0

個体差

福数羽居てるとそれぞれ違うものです。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/19(水) 00:00:00|
  2. アマサギ
  3. | コメント:0

条間の情感

野生のカモとアヒルをかけあわせたアイガモを使って雑草を駆除するアイガモ農法があるが
時代は進んで今はアイガモロボットも登場しているようです。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/18(火) 00:00:00|
  2. アマサギ
  3. | コメント:0

残念とラッキーのはざま

目的の野鳥には出会えなかったのだが、いくつもの田んぼを歩き回っていると思わぬ出合が。
歩き回ってみるものです。
青田の中で亜麻色の早乙女だ、今シーズンお初。

「田一枚植て立去る柳かな」

奥の細道の続きでありますが、なんかぴったりのシーンに思える。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/17(月) 00:00:00|
  2. アマサギ
  3. | コメント:0

突然の飛来

アオバズクがとまっている木のすぐ横の木に偶然とまる。
あわてて三脚からカメラを外して手持ちで隙間からパシャリンコ。

先日の奥の細道の続きです。
「木啄も 庵は破らず 夏木立」



NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/16(日) 00:00:00|
  2. アオゲラ
  3. | コメント:0

つやつや目玉

あまりでかいのは好みではないのですが、キラキラ目玉が良かったので
トリミングしてみました。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/15(土) 00:00:00|
  2. アオバズク
  3. | コメント:0

にらまれている

近場で撮れる場所が限られています。 ここは急な坂道の参道を30分ほど登らなくてはならないので
もう行きたくなかった。 でも撮るものも少ないので少し楽な別ルートで行ってみるかと相成った。

裏参道というべきか? 山道に入るなり急な坂道が続く。汗が噴き出す。休み休みに登って
20分の行程を30分かかってようやくたどり着く。 帰ろうとしていた先着カメラマンの方が1名おられたので
居場所を尋ねると親切に現場まで案内してくれる。
居場所が一発でわかる。教え方が非常にうまくベテランの手練れと見た。
一昨年とは全く違う場所だったので、一人で探していては相当時間がかかったか、
見つけることが出来なかったと思われる。ありがとうございました感謝。

アオバズクの撮影は単調でおもしろくない。三脚にセットして椅子に座ってレリーズを持つ。
ライブビューで拡大表示しながら目を開けるのを待つ、もしくは羽を伸びするのを待つ。
1時間ほどで飽きたので30分ほどかけて下山。 暑い


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/14(金) 00:00:00|
  2. アオバズク
  3. | コメント:0

ムンク「叫び」

この口の形、あの絵の口とそっくりに見えてしまいます。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
続きを読む
  1. 2019/06/13(木) 00:00:00|
  2. オオヨシキリ
  3. | コメント:0

だんだんよくなる・・・の太鼓

前日全然咲いていなかった本命木。一夜明ければ木頂部で咲き出しています。
もうすこしでもっと撮りやすくなるでしょう。 だんだんよくなる かな

友人から前日の合歓の花をみて「象潟や 雨に西施が ねぶの花」を思い出したとメールが来た。
ねぶの花が合歓の花とはつゆ知らず、教養あるねエエエ カッコイイ。

それではと、ちょいとグーグル先生にお教えいただく。
象潟は奥の細道の最北端だそうで芭蕉の時代には、潟の中に多くの小島が浮かぶ松島にも匹敵する
景勝地であったようだが、その後の地震により土地が隆起し、潟であった部分はいまでは水田になってしまっている。
ふむふむ・・・


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/12(水) 00:00:00|
  2. オオヨシキリ
  3. | コメント:0

辛抱する木に花が咲く かな

合歓の花の季節がやってきましたが、本命の木にはまったく花がついていません。
もう一本ある木は良く咲いているというのに。
ただしこの木には滅多にとまりません。奥にある別の木がお気に入りのようです。
フロックを期待して粘ってみましたが・・・ このありさま
もっとも本命の木が咲いても、とまる頻度は少ないので待ち時間が長いのであります。
さて、今年は良いのが撮れるのでしょうかね。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/11(火) 00:00:00|
  2. オオヨシキリ
  3. | コメント:0

天使のはしご

ふと窓の外を見ると光のシャワー。 天使の階段、レンブラント光線とか言われている薄明光線です。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
  1. 2019/06/10(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

大はしあたけの夕立

橋梁の白いケーブルが夕立の雨脚のように見えた。
なんだか急に広重の風景を思い出してしまう。 
もっとも本家は黒い雨脚なのですが・・・・
ちょいとおこがましいタイトルをつけてしまったか


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/09(日) 00:00:00|
  2. ベニアジサシ
  3. | コメント:0

京町ぶらり

酷暑の中、下立売界隈を散策してきました。


NIKON V1 + 1NIKKOR10mm

続きを読む
  1. 2019/06/08(土) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

工場萌え亜流


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/07(金) 00:00:00|
  2. ベニアジサシ
  3. | コメント:0

夫婦善哉

虫が嫌いな方は大きなサイズで見ないでくださいね


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
  1. 2019/06/06(木) 00:00:00|
  2. オオルリ
  3. | コメント:0

百鳥(ももどり)

新元号「令和」の出典とされる万葉集梅の花32首の序文ですが
今その32首を読んでいると古くから万葉集を嗜む友人からメールが来た。

「梅の花 今盛なり 百鳥の 声の恋しき 春来るらし」との句があるが
百鳥とは何ぞやとの問い、ウグイスしか知らないと。グーグル先生の助けを借りて
少し調べてみたが百鳥まで立ち入った解説はなかった。
百鳥は多数の色んな鳥のことのようで白髪三千丈の類いのようです。

「梅にウグイス」は有名だが花札でのことです。
代表はやはり「梅にメジロ」でしょう。

梅の季節と言えば72候の「魚上氷(うおこおりをいずる)」の頃で
この時期は夏鳥にははやく冬鳥と留鳥が該当すると思う。

実体験で梅の花と絡んだのを見たのは
冬鳥ではルリビタキ、シロハラ、ジョウビタキ、ツグミなど。
留鳥ではメジロ、シジュウカラ、エナガ、スズメ、モズ、ヒヨドリといったところであります。
鳥ネタが少なくなって来たこの時期でのブログネタの提供有り難く存じます。

mejiro385.jpg
NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ

  1. 2019/06/05(水) 00:00:00|
  2. メジロ
  3. | コメント:0

水上デビュー

合計4羽のひな鳥たち。 右に3羽、左に1羽乗っているのですが、左の1羽がみえません。残念


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
続きを読む
  1. 2019/06/04(火) 00:00:00|
  2. カイツブリ
  3. | コメント:0

飛び込みからの

飛び上がりシーンです。 頭の黒色の中に黑目があるので非常に目が写りにくい。
このシーンでは何枚か目が写っています。拡大表示しなければ分かりにくいのですが。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/03(月) 00:00:00|
  2. ベニアジサシ
  3. | コメント:0

剣菱萌え

本日大サービスデーだったので、余裕のよっちゃんでこんなんしていました。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/02(日) 00:00:00|
  2. ベニアジサシ
  3. | コメント:0

遠景

どれもこれも100m以上先であります。 ピントはイマイチなのですが、
オートフォーカスが良く追従してくれます。 カメラレンズの性能が良くなっているのが
よくわかります。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
続きを読む
  1. 2019/06/01(土) 00:00:00|
  2. ベニアジサシ
  3. | コメント:2

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Author:taku
2008.11.04にカワセミを初めて見ました。きれいなブルーに魅せられ、以来近場の川、池でカワセミなどの野鳥撮影を楽しんでいます。関西在住。 
ブログ開設 2009.11.04

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

リンク