taku's 野鳥フィールドノート

本日もご覧頂きありがとうございます  写真をクリックすると大きなサイズになります

♬冬の木枯らし笑顔で耐えりゃ

本日はカラッと晴れてはいるのですが、風が強くて非常に寒い。
午前中は国税庁のHPで還付請求書を作成して車で税務署に提出、この時期はすいているので
税務署の駐車場に止められる上に提出の待ち時間も無い、おまけに振込も早いといいことずくめですよ。

万葉集をたしなむ友がいる。定年後はじめて10年くらいになるがいまだ道半ば、何せ4500首もあるという。
較ぶべくもないが私も12年ほど歩行距離を記録している。ようやく地球半周で、一周するのは無理のようです。

万葉集の歌、どんなんあったかなぁ~  にわかに思い出せません。
にわか勉強でネットで200首ほどざっくり調べてみました。

東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ 柿本人麻呂   おお知ってる知ってる
田子の浦ゆうち出でて見れば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りける 山部赤人 この句は有名だ
春過ぎて夏来るらし白栲の衣干したり天の香具山 持統天皇  知ってるのはこれくらいです。
3/4500とはなんとも教養の無いことであります。

春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影に鴬鳴くも 大伴家持
吉野なる菜摘の川の川淀に鴨ぞ鳴くなる山蔭にして 湯原王
若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして鶴鳴き渡る 山部赤人

鳥の出てくるのも調べてみましたが、上の3首も全く知りませんでした。
寒くて外出せずの午後のつれづれに。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad