taku's 野鳥フィールドノート

本日もご覧頂きありがとうございます  写真をクリックすると大きなサイズになります

アルビノ??

寒さに負けていたがひさびさの探鳥です。 川沿いを上流に向かって5Kmほど歩いたが
めぼしい野鳥は居りません。 一度もリュックからカメラを出さずじまいです。
寒風の中、地元の高校生男女がタイムレースをしていてこちらに向かって塊になってやってくる。
端っこを通りながら、その姿を見ていると結構真剣な顔つきで走っています。
男子の3着が入りますとメガホンから聞こえる。時計表示を見ると34分くらいだった。
タイムから見ると、3Kmほどのレースだったのかな?

ラッピングした新幹線が通った。あっと思ったがカメラはリュックの中。
川添いの雑木林に何かいる。 双眼鏡で覗くとアリスイです。あわててリュックからカメラを取り出すもアウト。
悪い癖で野鳥を見つけるまでカメラを出さない習慣になっている。 いつも後で後悔する。

しばらく歩いていると、なんじゃこれ??? にわかには分からなかった。
どうやらアルビノのカルガモのようです、めずらしいのに遭遇しました。
おやおやカワラヒワの群れ、ついでに撮っておく。
モズまで出てきた。
おやまあ、菜の花まで咲いています。
まるで昨日のタイトルのようであります。
♬冬の木枯らし笑顔で耐えりゃ春の陽も射す夫婦坂・・ なのであります。

てな訳で復路の5Kmは♬気分上々だったのであります。


NIKON D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR + TC17EⅡ
karugamo111.jpg

karugamo112.jpg

nanohana06.jpg
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2018/01/27(土) 09:17:25 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad